企業担当者の方へ

多くの企業様にビジネスアシストが選ばれるのには理由があります!

Ⅰ.コストダウン

1.採用・育成費用が不要

担当業務に合わせた能力を持ったスタッフを紹介いたします。
募集・選考・採用から教育・研修などにかかる諸経費、またそれに関わる社員の時間や業務負担といった
コストを大幅に削減できるのがメリットです。

2.業務量の変動に対応

時期によって業務量が変動する場合、ピーク時にあわせて人員を整備するのは非常に無駄が大きくなります。
このような時には、人材派遣を活用することで大幅にコストダウンが可能です。
必要な時に必要なだけの人材を活用できるのが人材派遺の最大のメリット。
繁忙時期にあわせて派遣契約期間を設定でき、無駄のないオペレーションが可能になります。

3.派遣料金にはいろいろな経費が含まれています

日給や月給に換算して比較すると割高に感じられる派遣料金ですが、実はその中には直接雇用の場合にはあまり意識されないさまざまな経費が含まれています。
各種社会保険料や福利厚生費、交通費、賞与、退職金など、これらに加え採用・教育費を削減できることも含めて考えれば、必ずしも割高ではありません。

4.財務上は変動費に計上

人材派遺料はアウトソーシングと同様に外注費として変動費に計上できます。
もちろん別途消費税がかかりますが、それでも固定費を削減できるという財務上のメリットは大きいのではないでしょうか?

Ⅱ.業務効率化

新規業務の立ち上げから、日々こなすべき定常業務まで、企業にはさまざまなレベルの業務があります。
人材派遣を活用すれば、それぞれに最適な人的リソースを投入でき、効率的な業務運営が可能になリます。

1.既存社員をコアまたは定常業務に集中させる

どんな企業にもある定常業務。しかし突発的な入電量、業務量により作業が滞りエンドユーザーに迷惑を掛ける時があります。こうした突発的な業務には派遣スタッフが適しています。
派遣スタッフにまかせることで、社員は定常業務に専念できるようになります。

2.業務改善のきっかけとなる

派遣スタッフに仕事を引き継ぐ際には、どのような業務なのかを整理して、マニュアル化するといったプロセスが必要になることがあります。この際に、これまで習慣的に行われてきた業務の無駄を発見できたり、改善のヒントが浮かび上がったりと、業務改善のきっかけになるケースが多くあります。
「担当者にしか分からない」といった属人性の排除にもつながり、今後社内で業務を移管する場合にも有効です。

Ⅲ.機動的な業務運営に貢献

企業間競争が激しさを増す今日、経営には何よりもスピードが要求されています。
即戦力人材を短期間で確保できる人材派遣は、現代の機動的な経営にフィットしたサービスといえます。

1.募集期間を短縮

一般的に募集をかける場合には、広告原稿の作成・確認といった段階から、入社手続きを経て実際の勤務開始までに、最短でも2週間程度は必要になります。
人材派遣の場合にはマッチする人材さえいれば数日後からの稼働が可能です。

2.欠員・休業者対応

急な退職者や長期病欠などが発生した際に、後任を手配するのは大変です。
社内で異動するにしても他部署に負担をかけることになりかねません。
また、出産・育児・介護などの休業・ 休暇制度では社員の復職までの限定された期間のみ、業務を代行する人材が必要となります。
こうしたケースに人材派遣は最適であり、社員や取引先に負担をかけずに円滑に業務をまわすことが可能です。

3.短期間の対応が可能

突発的な業務に対応するために少数のスタッフを短期間(1ヶ月以内)派遣します。
派遣スタッフにまかせることで、社員は定常業務に専念できるようになります。